記事

Opening Act 2013 甲州 X5

2014/06/12 1:23 午後

KOSHU

2013ヴィンテージリリースです。
ラベルが上がり次第のリリースなので、
今月中にリリース予定で進行中です。

今回、甲州は6種類あります。
その中で、今月リリースするのは、
Opening Act 2013 甲州 X5とよばれるもの。
今期、私たちのプロトタイプ甲州と読んでいます。

ラベルのブランド名等、表記されている部分がありますが、
そこにつらつらと書かれている暗号のような?
型番のような名前にチェックを入れた形でリリースとなります。

これは何の名前でしょう?
答えは、酵母の名前です。

今回のX5は、Laffort社の酵母。
酵母の説明はまた追って。

同一果汁を6個のタンクに分けて、酵母を変えて、
醸造しました。(醸造の様子はこちらで。
香りも、味わいも、ヴォリュームも、色も
6種類、ちゃんと異なります。
(まだ、予定ですが、飲み比べしていただきたいので、
セット販売します。)
これが酵母の力。

テロワールってなんだろう?
私たちの甲州に合った酵母を探したいよね。
という、ワインメーカーである私と父の話から生まれた
今回の壮大なる?実験です。

酵母によっては、テロワールを壊すものもいるかもしれません。でも、
この6種類の中に見られる一貫とした香りが、
テロワールというものではないか?
というのが、今回の実験の私たちの答えです。

まぁ、本当は、酵母を1つに絞れなかったっていうのもあるしw
今年のシーズンは、この中から1つに絞るかもしれないし、
それはそれは、まだまだ、思案中です。

こんなワインを作れる環境に心から感謝して。
今回のリリースを迎えます。
そうそう、2012年甲州ともまた違う酵母なので、
そこも感じてもらえると、また違った発見ができるかも。

  • わたしたちのワイン紹介。国産化から日本化へ。日本だからできるテーブルワイン
  • 飲みたい時に飲む買いたい時に買う。これが私流。未成年者の飲酒は法律で禁止されています。ダメ絶対!!!!!オンラインショップはこちら>>>GO
  • 醸造家 増子敬公/増子春香